ファッションブランドの最新情報 ヴィトン・プラダ・グッチなどなど

ファッションブランド

ルイ ヴィトンの保管方法

ルイ ヴィトンの保管方法

ルイ ヴィトンの保管方法の紹介です。
ルイ ヴィトンは高価な品物なので大事に取り扱って
いきたいですね。

バック・財布等の皮革製品の保管方法。

ルイ ヴィトンなどの高級ブランドは、ヨーロッパの
気候に合わせて作られているものがほとんどです。

日本の夏は高温多湿となるので保管方法を間違えると
トラブルになってしまいます。

保管するにあたっては適度な間隔が必要です。

さらに空気のよい上段部分に保存するようにしましょう。

ルイ ヴィトンの財布などは柔軟性が要求されます。
やわらかく柔軟性に優れた財布に使用される接着材は、
乾いても固くならない接着剤。そのため水分を吸収しやすい
性質をもっているものが多くて、湿度の高い多い日本では、
接着材が水分を吸い取り、それが溶け出すことでシミになり、
トラブルの原因になることもあります。

湿気の影響を防ぐために、空気の通りのよい上段に保管する
ことが最適といえます。

収納用の箱に乾燥剤を入れる時にはれすぎないことです。
入れすぎると革の水分を吸い取り、革の痛みの原因になります。

購入時に入れてある乾燥材は捨てずに取っておくと、保管する
ときに便利です。

ない場合は市販で売っている収納用乾燥材を使用しましょう。

乾燥剤で湿気をなくすことで錆などから金具部分を守ってくれ、
予防にもなります。

空気の通りをよくし、しっかり乾燥剤を使って保管することに
よって、購入当初の輝きを維持することができます。

その他のお手入れなどもきちんとすることでルイ ヴィトンの
よさをいつまでも維持しましょう。

永遠の憧れ
ルイ・ヴィトン


ルイ ヴィトンの素材の特徴

ルイ ヴィトンの素材の特徴

ルイ ヴィトンはいろいろな素材が使われています。
特徴を紹介してみたいと思います。


☆レザー
レザーは、あらゆる動物の皮革の耐久性、防腐性を
化学的に処理したもの(皮革の総称)。

☆カーフスキン
カーフスキンは、なめらかな手触りが印象的です。
生後6ヶ月以内の仔牛の革のこと。
素材はしっかりしていて高級素材といわれています。
重さも軽く、薄くいカーフスキンは傷が少ないのが特徴。

☆スエード
豚、仔牛、仔山羊などの革の裏面部分をサンドペーパーで
こすることで、独特の肌ざわりと質感のよさがでます。
スエードは、毛羽立てて仕上げた革のこと。毛足の長いもの
はベロアと呼びます。

☆ヌメ革
ヌメ革はタンニンでなめし、塗料仕上げや染色を施さない
革のこと。適度な厚みで柔らかいのが特徴。ヌメ革は水分を
吸い込みやすい素材なので十分に注意が必要。

☆ハラコ
ハラコとはおもに仔牛の胎児の革を使った素材。
とても柔らかく、薄く出来ています。
デリケートな素材なので型くずれなどに注意。

☆ヌバッグ
ヌバッグは、牛の表皮の表面を起毛させたものが多く、
しっとりとしたベルベットのような感触。
手触りはいいが、傷や汚れがつきやすいので注意が必要。

☆エナメル
エナメルは、なめしで繊維を引き締め、染料と合成樹脂で
表面に皮膜を作り仕上げた素材。
品質はガラスのような光沢で革素材を指します。
個性的な光沢が最も魅力。

☆オーストリッチ
オーストリッチとはダチョウの革のこと。羽を抜いた跡が
オーストリッチの丸く突起している模様になっています。
希少なので高級品とされているが、現在流通しているのは、
養殖されたものがほとんど。

☆ゴートスキン
ゴートスキンとはヤギ革のこと。丈夫さとソフトさを
兼ね揃えている。

☆ピッグスキン
ピッグスキンとは豚革。耐久性にも優れていて重さも軽い
素材。毛穴が特徴的。

☆ナイロン
ナイロンは耐久性があり色落ちしにくく、水にも強くでき
ている。重さも軽い素材。

☆キャンバス
キャンバスとは麻などで目を粗く織った布。独特の織り目が
魅力的。

☆PVC
PVCはポリ塩化ビニルのこと。弾力があり吸水性はありません。
薬品には強いとされ、熱に弱く出来ています。ルイヴィトンの
モノグラムキャンバスの素材は、エジプト綿のキャンバスに
PVC加工されたもの。

永遠の憧れルイ・ヴィトン



ルイヴィトンの財布

ルイヴィトンの財布

ルイヴィトンは、豊富な修理工場による
万全なアフターケアがあることが、数多く
あるブランドの中でも人気のある理由の
ひとつです。

バッグや財布のチャックひとつが壊れても
すぐ修理に対応してくれるのは、さすが
世界のトップブランドです!

ルイヴィトンの財布や、カルティエの財布
は、札入れとコインケースのペアで使う
オシャレが人気です。

ルイヴィトンなどの札入れタイプの財布は、
見栄えがよく、コインを収納しないため形も
崩れにくいことがポイントですね。

ルイヴィトンは財布のような小物に至る
まで、なかなか値が張りますが、コインケース
を持つだけでセレブな気分が味わえます。

なかには、ルイヴィトンのような高価な財布
でも、買い替えるとお金回りがよくなると
いって、1年ごとに、毎年新調する人もいる
ようです。

ブランド上級者は、バッグに合わせたブランド
の財布を選びますが、ブランド初心者は、バッグ
より手の届きやすい財布から揃えるといいで
しょう。

ブランドの財布を持つ場合は、バッグは同じ
ブランドのものか、ノーブランドのものが
いいでしょう。

財布はルイヴィトン、バッグはシャネルでは、
デザイン的なセンスが??ですね。

ブランドのイメージをまとうにふさわしい、
財布やバッグのコーディネートを心がけた
いものです・・・。

ルイヴィトンで買い物をするには!

ルイヴィトンで買い物をするには!

ルイヴィトンは、機能的、実用的な高級ブランド
で、ユーザーにとても大きな快感を与えています。

ルイヴィトンを買いに、お店まで行ってもドアマン
まで立っている、ブランドがかもし出す高級感に、
気おくれしたことのある人は多いのでは!?

フランスのルイヴィトンのお店では、行列を作る
日本人がしばしば話題になっています。

ルイヴィトンの販売数には、1日につき制限数が
あるという情報もあり、朝一番に並ばないと、
夕方には売り切れている商品も多いようです。

一人あたりの販売個数にも限りがあり、1個しか
買えなかったという話もあります。

最高級を自他共に認めるルイヴィトンですから、
店員からの評価も大切です。

フランスのルイヴィトンの店では、せめて英語、
できればフランス語が話せると、店員の対応が
違ってくると言われています。

服装についても、カジュアルでも普通に買えたと
しても、フォーマルやヴィトンで身を固めて臨んだ
人ほどは大切にされていないのではないでしょうか。

ジーパンの客には「売ってもらえない」こともある
ようです。

ブランドを買うということは、そのブランドを持つ
資格があるかも試されいます。

ショップの店員さんに眉をしかめられないように、
ルイヴィトンのような高級感のある買い物客を演じて、
買い物に行ってみませんか!?

ルイヴィトンとは

ルイヴィトンとは【ファッションブランド ネット通信】

ルイヴィトンは、以外と知られていませんが
パリで発祥した世界最初の旅行カバン専門店です。

ルイヴィトンは、ブランドの象徴となる柄を最初に
商品に用いたブランドだと言われています。

発祥から100年以上を経たルイヴィトンは、近年は
服作りを始めたことが話題を呼びました。

LとV、花と星を組み合わせた模様が織り成す
機能的で実用的なデザインは、発祥当時は貴族に、
そして今では世界的なリッチを演出するおしゃれ
な人々を魅了しています。

ルイヴィトンを買うためにフランスで行列を作る
日本人の話は有名です。

日本人のブランド好きは世界的に有名で、特に
ルイヴィトンを身に着ける人が目に付きますね。

世界のルイヴィトンの売り上げのうち、6割を日本が
支えているそうですよ。

価値があるから持つ、みんなが持つから価値があると
いう、ブランドの成功例といえるのかもしれません。